プロフィール

ウインドアンサンブル奏 wind ensemble KANADE

ウインドアンサンブル奏は、関西を拠点に2000年3月に結成されたプロフェッショナルの吹奏楽団です。2000年11月に第1回定期演奏会を開催以降、定期演奏会ではアメリカの新進気鋭の作曲家の作品を数多く取り上げ、関西初演、本邦初演を積極的に行なっている。2008年3月、日本管楽合奏指揮者会議(JWECC)に出演し活動の幅を拡げる。第10回定期演奏会においては作曲家の保科洋氏を客演指揮に迎え、保科氏の作・編曲作品を熱演し好評を博した。
また、特別演奏会では様々なプログラムを企画し、往年の名曲から新曲までジャンルにとらわれない演奏スタイルを誇る。2012年12月より開催の奏スタイルによる『吹奏楽年末大忘年会』は多くのファンに大人気の公演となる。

これまで、保科洋氏による自作品のアナリーゼ・リハーサルを収録したDVD「保科洋の世界」をはじめ、CD「PLAY‘z THE MUSIC」「福本信太郎×KANADE」をリリース。日本パルスによるDVD全日本吹奏楽コンクール課題曲集 課題曲完全攻略ガイドを毎年発表し近年盛んな吹奏楽界の発展に寄与している。

大舞台での演奏だけではなく、一人でも多くの将来を担う子供達に身近に音楽を感じて欲しいという思いを込めて、依頼演奏や学校公演なども積極的に行っている。またスクールバンドにおいても学校に出向き楽器別講習会や合奏指導など奏で培った知識や経験を活かし後進の指導にも力を注いでいる。

これからが益々期待される奏の演奏は吹奏楽専門誌にも取り上げられるなど注目を集める吹奏楽団です。